「Ironman70.3 Taiwan」への移動と宿泊

「Ironman70.3 Taiwan」への移動と宿泊
 レースはまだ結果や写真が揃っていないので、先に「Ironman70.3 Taiwan」への移動と宿泊についてまとめました。日本人は殆どがツアーで大会に来ていましたが、籔の様に出来るだけ自分で動きたい人の参考になればと思います。今回は3泊4日で関西国際空港からの移動とホテルを合わせて68,147円でした、ツアーで行く半額程度でしょうか?あまり不便を感じずに安く行きたい方向けの情報です。

移動について

 「Ironman70.3 Taiwan」は台湾の南側にある墾丁の「墾丁悠活渡假村」をメイン会場にして行われるので、そこへどう辿り着くかが大きな問題です。籔は出来るだけバイクに優しく移動したかったので、関西国際空港から高雄国際空港まで「Peach Aviation」が就航している直行便を利用し、そこからは大会オフィシャルのバスで墾丁悠活渡假村へ辿り着きました。「Peach Aviation」の規定ではバイクケースは全長203cm以内、重さ20kg以内。中にはバイク以外にも着替えなどを入れて大丈夫でしたが、荷物検査で中を開けて見せないといけません。

 帰りは逆。墾丁悠活渡假村から高雄国際空港へオフィシャルバスで移動し、「Peach Aviation」で関西国際空港へ。最も乗換が少なく、安全に・安く移動できる方法です。ただ、オフィシャルバスは車内でテレビやよく分からない映画が放送されており、少し酔いそうになりました。タクシーのチャーターを「墾丁悠活渡假村」に頼むと片道1万円、2人で乗ればバスとあまり変わらない値段なので、そちらの方が快適で早いかもしれません。また、現地はワンボックスカータイプのタクシーが沢山走っているので、当日交渉でも行ける気はします。コミュニケーション出来ればですが。
移動方法価格
関西国際空港 ⇆ 高雄国際空港Peach Aviation37,080円(自転車込み)
高雄国際空港 ⇆ 墾丁悠活渡假村大会オフィシャルバス8,800円
合計45,880円

宿泊について

 「Ironman70.3 Taiwan」のメイン会場になっている「墾丁悠活渡假村」を調べると1泊2万円程度かかるようでしたし、今回はオフィシャルホテルから極近い場所にある「Ocean hostel(海洋)」というホステルに泊まってみました。一般家庭のような建物で、価格は3泊で22,267円。朝ご飯込みです。

 「Ironman70.3 Taiwan」に出場する事を前提にレビューすると、メイン会場から徒歩3分、レース後の洗車が可能、部屋が広いという3点が大きなポイントでしょう。ゴールが「墾丁悠活渡假村」のプールなのですが、ゴールして3分後には自分の部屋に辿り着けるので、とにかく楽。もしかすると「墾丁悠活渡假村」に泊まるよりも早く部屋に戻れるかもしれません。そして、玄関前にホースの付いた水道が有り、そこでバイクやウェットスーツ等トライアスロン道具一式を洗わせて貰えます。そのままバイクの乾燥まで出来ますし、汗や潮で汚れたままのバイクを日本に持って帰らなくて済むのはありがたいです。籔のようなバイク輸送初心者には部屋が広くて、部屋の中で悠々とバイクの組み立てを出来る所も良いポイントでした。

 一般的な観点からレビューすると、景色が良い、部屋が綺麗・広い、静かという3点がお勧め出来ます。「Ocean hostel」という名前通り、目の前が海なので部屋やロビーから綺麗な夕焼けを見ることが出来ます。また、4室しか部屋が有りませんし、周りに何も無いので、夜がとても静か。波の音だけが聞こえてきます。シュノーケリングポイントまでも徒歩数分ですし、リゾートホテルの「墾丁悠活渡假村」も近いので何かあった時も安心です。

 逆に便利な場所が良い、英語を全く使う気が無いという人にはお勧め出来ません。街中から離れているので、コンビニへ行くのも片道10km程度は移動しないといけません。スタッフも日本語は全く分からないので、日本語だけで交渉するのは厳しいでしょう。そういえばバスタブも有りませんね、シャワーのみです。

 籔はトライアスロンをしにこの場所へ来たので、このホステルで大正解。スタッフも親切ですし、周りの景色・静けさと大会関係のアクセスの良さが最高でした。また同じ大会に出場することが有れば泊まると思います。そういえば4部屋全てを貸し切ると12人泊まれ、1人1泊4,000円以下になるらしいです。大勢でツアーしても良いかもしれません。
住所:屏東縣恆春鎮萬里路18號

番外編(移動)

 今回は観光も殆どせずに「Ironman70.3 Taiwan」に出場しただけだったのですが、少しだけ街中にも出ました。移動に使用したのが「レンタル電動バイク」、時速35km程しか出ませんが国際運転免許証無しで乗ることが出来ます。見た目はほぼ原付ですね。フラッと乗るには最適なのですが、航続距離が30km程度、ちょっと遠くに行ってしまうと帰りは押して帰ることになります。後は日本と逆の右側通行なので、曲がった後はレーンに注意です。
 籔は「墾丁悠活渡假村」の中に入っているGiantのショップで借りたのですが、2時間で800円程度でした。墾丁はあまり運転が荒くないですし、バイクレーンが有るので少しは安心して走る事が出来ます。海岸線を走るととても気持ち良いのでお薦め。

2014 IRONMAN 70.3 Taiwanカテゴリの最新記事