Feeling of residual urine

 朝2時に起床しご飯・お風呂・着替えと済ませて、5時にスタートする「霧島・えびの高原エクストリームトレイル」のスタート会場へ。30分前に到着したのですが、スタートゲート前はもう人で沢山。雨が降っていたのですが、みんな濡れて待っていました。籔は直前までテントの下に避難し、ほぼ最後尾からスタートしました。
 レース自体は恐らく熱中症になってしまったようで、第一関門直前で急に残尿感が起こり、走れ無くなってしまいました。トイレばかり気にしながら何とか第二関門までは進んだのですが、排尿時に痛みも出てきたので、救護に診てもらってリタイアしました。
 リタイア後はとにかく水分を飲み、「えびの高原荘」で温泉に入り、宿泊の予約をしていた八代まで移動したのですが、とにかくトイレが気になって大変でした。温泉もユックリ入っていられませんし、高速道路も全てのPAで止まりました。水分も大量に摂取していたのですが、なかなか改善しませんでしたし、リタイアして正解でした。温泉はここも硫黄臭でしたが、なんだかお湯の色が違っていて、感触もしっとりしました。
 夕方になって、水分も3L以上摂取してようやく少し落ち着いてきたので、ホテル近くを流れている球磨川までお散歩に。1ヶ月前に人吉で濁流の球磨川を見たのですが、今回は空の青が反射してとても綺麗でした。時間と共にどんどんと改善していますし、明日は朝早い時間に出発して山口まで帰ります。

2 件のコメント

  • お疲れ様でした。私たち夫婦もあまり良い結果になりませんでした。私はGarmin表示で270m多く泳ぎ昨年より2分悪いタイムでした。妻は3週間前からウイルスにやられ微熱が夜続いていました。朝方小雨でレース開始時は曇りだったのでリレーしました。しかし、天候が良くなり暑い中ハーフをよろよろ走り何とか完走。(途中で止めることを考えるように伝えましたが。)温泉に入りさっさと帰宅しました。次は9月に夫婦でしわい(88km)に挑みます。

    • 昨日はアクアスロンでしたね。雨でしたので寒いかと思っていましたが、最後は暑くなりましたか・・・お互いに過酷なレースになりましたね、お疲れ様です。偶然にも僕も次のレースは2ヶ月後です、まずはしっかりと休みましょう!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    Avatar photo

    本州の端っこ在住。 長閑な非都市部でフルート、ピアノ、作曲を勉強中。競技でパワーリフティングにも取り組んでいます。色々としているおかげで、常に新しい課題だらけ。飽きる暇もなく、楽しめています。