「TDS(UTMB)」費用計算

 フランスのシャモニーで行われた「TDS(UTMB)」の出場にかかった費用をまとめました。移動・宿泊・レース費用などを全て含めて189,124円。4泊8日のヨーロッパ旅行でジュネーヴとドバイの観光もちょこっとして、レースに出場したと思えば、安く済んだ方かなと思います。また、2年前は24万円かかっているので、それに比べるとずいぶん安くすみました。

交通費

 メイン会場であるシャモニーへは福岡空港から飛行機でジュネーヴへ行き、そこからはシャトルバスサービスです。2年前は一度東京へ行きましたが、今回は仁川・アブダビと乗り継いで行くエティハド航空の便を利用しました。なんだかんだで片道17時間程度飛行機に乗っているのですが、往復ともほぼ寝ていました。飛行機とバスを合わせて122,642円。為替や原油価格の影響もあり、かなり安くなりました。

 エティハド航空はアブダビで16時間の乗り継ぎがあり、その間にドバイまで遊びに行けて良いのですが、座席が他の航空会社よりも狭く感じました。また、飛び立つまではエアコンが効いていなくて暑く、飛び立ったら寒い。ずっと寝ているので良いですが、あまり印象が良くありませんでした。

 シャトルバスの「Mountain Drop-Offs」はしっかりと連絡をくれて、快適に送ってくれました。今回はホテルに宿泊しなかったので、待ち合わせバスを事前に打ち合わせておけばスムーズだったかなと反省。家を借りたホストにも、あの会社は大丈夫と評判が良さそうでした。

福岡〜ジュネーヴ(飛行機) 往復エティハド航空115,130円
ジュネーブ~シャモニー(バス) 往復Mountain Drop-offs7,512円(EUR60)
合計122,642円

宿泊費

 今回は「Airbnb」を利用し、2LDKのマンションを借りて4泊しました。4泊で130,198円ですが、3人で泊まったので1人43,400円。メイン会場までも1kmちょっとですし、メイン通りまで徒歩3分、スーパーマーケットや観光地もすぐ近くにあり、UTMB参加にはとても良い場所でした。キッチンが付いていると食費が安くなり、好きなものが食べられるので良いですね。次回もキッチン付きのものを借りると思います。


 「Aiguille du Midi」という、シャモニーで最も有名な観光地(ケーブルカー)が目の前という立地で、写真の真ん中に写っている建物に泊まりました。ここに泊まらなければ、この観光地には行けなかったかも。籔が泊まったのはUTMB中というハイシーズンでしたが、普段は比較的安く泊まれるようです。
New photo by 竹籔博規

Gentianes stylish central apartment4泊43,400円

その他

 その他には大会のエントリィ費や健康診断書の提出にかかった費用、保険がかかったくらい。日本で同じ規模のレースに出場しようと思うと3万円はかかるので、エントリィ費は安いですね。

TDS(UTMB) エントリィ費EUR15018,552円
健康診断書作成地元医院1,000円
海外旅行保険8日間3,530円
合計約23,082円

山口県柳井市在住。
トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。
最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。

籔をフォローする
2016 TDS(Sur les Traces des Ducs de Savoie)
籔's Log

コメント