金のフルート

 寒いなと感じる日が続いていますが、昨年はこの時期に大雪が降ったりしていたので、今年は予報通り暖冬なのでしょうか?スキー場のオープンも毎年遅くなっていきます。

 フルートのレッスン5回目。少しずつビブラートの練習も始まり、四分音符3つでの3山、八分音符5個の5山と2種類で練習を始めました。こういうのを自在に使い分けられる様にならないといけないのは、とても遠い道のりに感じますが、乗り越えていかなければ。練習曲はなんとか64小節の長さまで吹ける様になりました、ちょっとずつ上達中。
 そして、14金で作られたお値段400万円近いフルートの試奏もさせて頂きました。お値段が50倍違うので今の楽器とは全てが違いますが、少し吹いただけでも倍音が豊富でソロをするなら間違いなくこの楽器だなと。メーカーか材質か何の違いか籔には分かりませんが、楽器によって音が全く違うということは分かりました。もう少し上手になったら色々と吹き比べてみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。