半泣きパッキング

 「XTERRA ASIA-PACIFIC CHAMPIONSHIP」へ出場する準備も大詰め、というよりようやく準備を始めたという感じです。トライアスロンだし準備も余裕だと思っていたのですが、今回は「XTERRA」でバイクがマウンテンバイクだという事をすっかり忘れていました。

 バイクのパッキングは30分で終わるだろうと思っていて始めたのですが、籔のマウンテンバイクTREK「X-Caliber 7(17.5″) 2018」は29erという大きなものなので、三辺の合計が203cmに収まるACOR「バイクポーターPRO」だとすんなり入らなくて大慌てすることになりました。
 半泣きになりながらハンドルの固定やらタイヤの入れ方などを工夫して、なんとか収めることはできたのですが、壊れても仕方ないかなという感じがしています。今回は高雄までの直行便ですし、なんとか壊れず届いて欲しいです。それにしても、203cm以上だと超過料金が発生する航空会社が多いので、こうなると27.5インチのマウンテンバイクを選択する価値も高くなります。

 籔の行く「墾丁(Kenting)」は台湾の最南端なので、気温も31℃まで上がる予報。香港以外で同じ場所へレースに行くのは初めてですし、今回は宿泊場所が全く違うので楽しみです。レース用品はウェットスーツもありませんし、コンパクトに収まりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。