海を見ながら

 フルートの20回目のレッスンを受けてきました。もう20回も受けているのかと驚きですが、なかなか思ったような音が出るようになりません。こういう音が出したいなと思っても、そもそもどうすれば出るのかも分からないので、悩みは増えるばかり。
 発表会用の曲も練習しているのですが、こちらも曲作りにテクニックが追いつかず。そういえば伴奏者へ向けての合図も出さないといけませんし、間に合うのか不安になってきます。

 演奏曲はドビュッシー「小舟にて」なので、タイトルの元になっているポール・ヴェルレーヌの詩を読んでみたり、バルカロール(舟歌)について勉強してみたり、練習前にご飯食べながら海を見てみたりと、久しぶりに演奏のテクニック面以外にも関心を持って取り組めています。古い曲は情報や音源がたくさんあって、勉強しやすくて良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。