フィンランド・リコーダーカルテット《ブラヴァーデ》

 周南市文化会館で行われた「フィンランド・リコーダーカルテット Bravade」のコンサートへ行きました。クラシックのリコーダーコンサートなので人は少ないかなと予想していた通り、お客さんはまばらで、席はどこでも選び放題。前半は後ろの方で、後半は前に移動してしっかり聴いてきました。
 ここのところ木管アンサンブルに取り組んでいるのですが、打楽器とフルートだと合図の出し方も全く違いますし、そもそも楽器が違うのでどう音色やテンポ感、ザッツを合わせていけば良いのか分かりません。まずは色々な木管の演奏を聴いて感じを掴みたいなと思って聴きに来ました。

 演奏は確かに上手なのですが、ほとんどがバロック音楽という選曲で、どうにも眠くなってしまいました。リコーダーが集まるとパイプオルガンみたいな響きになりますし、照明の暗さもあって眠気を助長します。勉強しようと思っていたアンサンブルの方法は、見て合わせているというより、メロディの持って行き方で聴いて合わせているという感じかなと。音がシンプルな分、曲の作りが分かりやすくて勉強しやすかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。