パンク

 いつも通り「スカイラインクーペ(DBA-CKV36)」で出勤しているとなんだか違和感があり、タイヤを確認したら左後ろのタイヤがパンクしていました。まだ空気が抜け切っていませんでしたし、空気の抜けるペースも遅くて自走できそうだったので、近くのガソリンスタンドで空気をいっぱい入れてもらい、車屋さんへ直行。タイヤを外すと、しっかり建築用の釘が刺さっていました。もう10cmくらい外れていたら助かったのですが、こればかりは仕方ありません。

 パンク修理で大丈夫そうだったので、チャチャっと作業していただいて復旧。修理時のODOメータは73,300km。そろそろタイヤ交換が近いかなと思っていましたが、まだもう少し大丈夫そうなので、80,000kmを目安に交換しようかなと。次期タイヤ選びを開始しないといけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。