1年経過

 フルートの34回目のレッスンを受け、これでレッスンを受け始めて約1年が経過しました。フルートも吹き始めて1年、少しは音が出る様になって来ましたが、まだ運指が少しでも複雑になると迷います。習い始めからアルテ1巻を練習していますが、ちょうど15課のG-durまでという進度で、これからe-mollとミニオンエチュード4曲目の練習に入ります。曲は出来るだけ音楽的に演奏できる様気をつけているのですが、ちょっと跳躍が続いたり運指が難しくなると、音を出す事以外何も考えられなくなり、小学生のリコーダーの様な演奏になってしまいます。
 周りに同じ様に初めた人がいないので、こんな進度で良いのかよく分からないのですが、とにかく進んで行くしかありません。1年目は音が出ない人から、だいたい音が出る人までレベルアップしたので、2年目は短大の音楽専攻入学レベル目指して練習していきます。

 勉強は対位法の復習が終わったので、次は楽式論の復習に入りました。基礎だけですし復習なのでサクサク進んでいますが、忘れている事だらけなので、とても良い勉強になっています。ピアノもぼちぼち指を動かしていますが、こちらもまだ思い通りに動きません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。