初アンサンブルコンテスト

 山陽小野田にある不二輸送機ホールで開催された「第43回全日本アンサンブルコンテスト山口県大会」に出場しました。一度崩れるとそこから立て直せずに、最後までボロボロのままなだれ込むという感じで終わってしまい、落ち着いて演奏できなかったのが残念でした。やはりフルートを始めて1年ちょっとでは、予想外の事が起こると何も対応できません。基礎的な演奏力を上げていかねば。
 初心者でも8ヶ月あれば1曲演奏できるはず、目標があれば必死に練習するはずという、自分への脅迫に近い理由で個人的には2月頃から計画して進めていましたが、必死に練習するという目的は叶ったものの、一曲はきちんと演奏できませんでした。練習すればする程にクリアしないといけない課題が出てきて、約8ヶ月では間に合いませんでした。ここ1週間で、ようやく目指す感じが見えてきたので、あと2ヶ月くらいは欲しかった感じ。

 会場の不二輸送機ホールは程良く響くのに、ステージではクリアに聴こえて、室内楽ではとても良いホールでした。こういう所で練習できたら良いでしょうね。周りには何もありませんが、外観もお洒落で気に入りました。柳井からは少し距離がありますが、道が良いので約1時間半くらい。昨日は天気も良かったのでちょうど良いドライブでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。