ガングリオン

 右手首にガングリオンという腫瘤が出来ているのですが、大きくなってきて邪魔になったので、8年ぶりに注射で抜いてもらいました。関節を動かすことが多いと出来やすいとのことで、打楽器をしていた時は定期的に抜いてもらっていたのですが、ここ最近は音楽をしていなかったので全く成長していませんでした。1年程度前からフルートを始めたり、ピアノを弾いたりして手首を動かす事が増えたので、また成長してきた模様。手術で取ることもできる様ですが、それほど困っていないので1〜2年に1回のペースで処置してもらおうと思っています。

 手の甲側の関節にボコッとした腫瘤が有って、トレーニングにも少し邪魔だったのですが、これでしっかりとトレーニングもできそうです。もちろんピアノもどしどし練習中、ゆっくり譜読みしていたラヴェル「クープランの墓」前奏曲の譜読みがようやく終わったので、少し練習も楽しくなりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。