神田寛明ミニコンサート

 エリザベト音楽大学で行われた「万代恵子フルートアンサンブル研究講座 14名のフルーティストによる共演 煌 vol.15」という長いタイトルのコンサートを聴いてきました。目的はゲストとして来ていたNHK交響楽団の首席フルート奏者である神田寛明さんのミニコンサート、フルートを始めてから女性の演奏しか聴いていなかったので、男性の演奏だと何か感じ方が変わるかなというところに興味を持って聴いていました。出演者が多いからか、フルートだからか、N響の首席奏者だからか、お客さんも多くて早めに到着しておいて良かったです。

 演奏はとにかく滑らかで上質なテノールを聴いている感じ。低音から高音まで音の流れも滑らかで、運指などの動きも無駄がなくて、とてもいいお手本を見せていただいている気分でした。あんな風にスムーズに演奏できる様に練習しなければと、とてもいい目標のできた演奏会になりました。

 広島に来たら色々と食べたいものがあったのですが、時間が合わなかったり何故か閉まっていたりして何も食べられず。まさかお腹が空いたまま帰ることになるとは。いい音を聴けただけでも良しとするべきですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。