ガソリン変更

 「スカイラインクーペ(DBA-CKV36)」で1年くらい前に発生していたスロットルボディの汚れから起こっていた始動時のエンジンストール現象ですが、ここのところ再発して少しアクセルを吹かしながらエンジンを掛ける必要があったのですが、ガソリンを昭和シェルの「Shell V-Power」に変えるだけで解決しました。

 ガソリンで何か変わるのかと怪しんでいましたが、車大好きS氏が言うので試してみると、スタンドを出るときのエンジン始動からストールしなくなり、それからは一度も発生していません。エンジンをかける時にアクセル煽らなくていいので、随分楽になりましたし、ミスって空ぶかし状態になる事もなくなって気も楽です。ちょうどシェルSS以外はハイオクガソリンのバーター取引をしていたというニュースも出ていましたが、こんなに違うとは驚き。シェルはあまり数が多くなく、柳井の近くだと平生にある「三新商事(株)平生SS」がジムも近くて最も行きやすいので、トレーニングのついでに寄ろうと思っています。ガソリンを変えただけでこのまま症状が出なくなれば最高です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。