A110S

 Alpine「A110S」に試乗させていただきました。少し前に試乗させていただいたマツダ「ROADSTER RF」で4気筒ターボのライトウェイトスポーツって良いなと感じたのですが、MRの「A110S」 は全く別物。
 通常の「A110」よりも足回りが固められていて、ブーストアップされているモデルで、車重の軽さもあってヒラヒラ走ってくれます。ハンドルも遊びが無く、切った瞬間曲がっていくので運転していると楽しいですが、助手席はすぐに酔いそうな感じ。なんだか滑っているような不思議な乗り味でした。

 何よりも良かったのは音。シートのすぐ後ろにエンジンがあるので、排気音よりもエンジンが回っている音やタービンの音がハッキリと聞こえてきますし、音質も柔らかくて長時間乗っていても我慢する必要がなさそう。最低地上高もそれなりにあるので、田舎でも底を擦る心配が少なそうですし、容量の少なさと熱で荷物が全く載らない事を我慢できれば凄く良い。
 高速道路も含めて結構長い距離を運転させていただいたのですが、これは欲しくなってしまいます。試乗が終わってから、ガレージどうにかならないかなとずっと考え続けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。