13年経過

 「スカイライン クーペ(DBA-CKV36)」の13年目の車検をしてもらいました。13年目を迎えたことで、今回から重量税が15%増税されることとなり、名実共に環境に配慮していない車の仲間入りを果たしました。車検時のODOメータは96,000km、今回の車検までには10万km走っているかと思っていましたが、ここ最近は遠出できないので思ったより距離が伸びませんでした。

 整備的にはブレーキパッドがほぼなくなっていたので、前後ともに純正のものに交換。2013年に38,000km走行で交換しているので、それから58,000km走行していました。重量級の車にしてはよく保ってくれました。PITWORKのフロントが「AY040-NS146」で、リアが「AY060-NS050」。合わせてブレーキオイルも交換したので、パワステオイル以外はここ最近で一気に交換したことになります。

 また、車検と同時に助手席側のドアロックアクチュエータを交換してもらいました。12月頃からリモコンでドアをロックしても、助手席側だけロックされないという症状が起こり、車を離れる度に車内から助手席のドアをロックして車を出るという面倒な作業を続けていました。全く動かないのであればロックしたままで良かったのですが、アンロックだけはほぼ毎回されるという意味不明な動作状況。不運な事に部品が約2ヶ月も欠品していて、ちょうど車検と同時での作業となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。