音楽の深淵を求めて

 JMSアステールプラザで行われた「HIROSHIMA HAPPY NEW EAR 28 音楽の深淵を求めて」を見てきました。内容は 北村朋幹 氏のピアノリサイタルだったので、前回ピアノソロを聴いてから1年以上という久しぶりのコンサート。ピアノをぐるっと取り囲む様に客席を配置し、当たり前のコンサートとは全く違う会場作りがされていました。かなり長時間のコンサートだったのですが、この配置のおかげで手元もしっかり見ることができ、ずっと興味深く聴くことができました。

 演奏はとにかく音楽を大切にしていて、途中からピアノを聴いているというより、上質な音楽を聴いているとしか思えませんでした。音楽に必要なことは全て実行しているという演奏で、ここ数年聴いた中で最も刺激的でした。どうすればここまでの演奏ができる様になるのか、まだ全く遠いですが、少しでも追いつけるように頑張っていきたいです。
 それにしても、演奏された曲全てが聴けて良かったとコンサートは久しぶり。特にシューマン「精霊の主題による変奏曲」は、ふわっと包まれているような印象で引き込まれました。ぜひ、もう一度聞きたいです。

  • 細川俊夫作曲 メロディアII
  • 武満徹作曲 遮られない休息
  • ブラームス作曲 4つのバラード Op.10
  • 細川俊夫作曲 エチュードI-VI
  • シューマン作曲 精霊の主題による変奏曲

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。