ドライブレコーダ取付

 メルセデス「SLK200(DBA-172448)」にドライブレコーダを取り付けました。時間がある時に作業しよと思っていましたが、内装を外したり、諸々調べるのが面倒でのびのびになっていました。本格的に暑くなる前に、思い切って実施。
 Aピラー周りの内装を剥がしましたが、屋根が開くので作業する時に狭苦しくなく、普通の車より快適に作業できました。オープンカーの利点ですね。

 設置したのはKENWOOD「DRV-340」。フロントガラスの上下が短く、なかなか理想的な取り付け場所がなかったのですが、影響の少なそうな運転席側のミラー裏に設置してみました。運転していてもあまり気にならないので、ここなら問題なさそうです。
 設置後はクローズ・オープン両方の状態で走行テスト。風は涼しいのですが、黄砂と日差しが酷いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。