伴奏慣れ

 発表会へ向けての伴奏合わせ、1回目が終わりました。ピアノ伴奏をしてもらうのは今回が3回(年)目だったので、少しは慣れてきたのか、ピアノの伴奏を聞きながら演奏することができて、自分でも驚きました。難しくてまだ指が動かない部分以外は、少し気持ちに余裕が出てきている様です。前回2回のように、まずはピアノを聞きながら演奏できる様にするという作業が必要ないので、本番まで苦手なところをひたすら練習すれば良さそう。

 今回はプーランクのフルートソナタ1楽章なのですが、流石はフルートソナタの中でも名曲と言われるだけあって、ピアノ伴奏もフルートのことをよく分かっているなと、吹きながら感じる程でした。音が欲しいところにはあって、無い方が嬉しいところには無いというのは、プーランクさん自身がフルートを演奏していたのかなと思うほどです。そういえば有名な曲過ぎて、曲については全く調べていなかったので、次の合わせまでには勉強しておかなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。