冷却水漏れ

 「スカイライン クーペ(DBA-CKV36)」の左後輪から急にブレーキを引き摺っているような異音がし始め、念の為にエンジンルームも開けてみて確認したところ、ラジエターのアッパーホースから冷却水が漏れており、リザーバータンクが空になっているのを発見しました。記録を見ると3年前にも同じ場所から漏れたために交換しているのですが、漏れやすいのでしょうか?

 前回も同じところが壊れていたので、今回はホースだけでなく、ラジエータ側の接続口も同時に交換となりました。交換時のODOメータは114,400km。冷却水関係は走れなくなってしまうので、早めの整備が肝心ですね。少し前にほんの少しだけ漏れているのを発見していたのですが、その時はまた何かのついでにしようと放置してしまいました。

 そもそもの問題であった左後輪の異音は1km程度走っていると急に消え、念の為に下回りも見てみましたが何も異常はありませんでした。おそらく何か挟んだのだろうと思いますが、挟みそうな状況ではなかったので不思議です。こちらは症状が再発するまで様子を見ることになりました。

 ついでに1年程度使用したワイパーゴムを交換しました。まだ使用していて問題はなかったのですが、そろそろ問題が出てくる時期なので早めの交換です。前回と同じくPIAAのスーパーグラファイトで運転席側が131番「WBR600」、助手席側が124番「WBR425」に交換しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。