芸事の基本

 107回目のフルートレッスンを受けてきました。Paul Hindemith「Flute Sonata」の3楽章の指が回らないところを中心に、1つずつ出来るようにしていく作業を続けていますが、今回は部分毎に吹いて頂いて、どういうニュアンスで演奏するのか教えていただきました。演奏してもらってそれを真似するという、芸事の基本的な学び方ですが、いつも思っていた以上にアーティキュレーションを付けなければならず、なかなか大変です。

 ようやく指定テンポの半分くらいでは演奏できるようになりましたし、しっかりニュアンスを出せるようにしながら、テンポも少しずつ上げていこうと思います。同じようなメロディが続くので、なんにしても反復練習ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。