春の祭典

 広島文化学園HBGホールで行われた広島交響楽団の「第418回定期演奏会」を聴きに行きました。今回はとにかくストラヴィンスキー「春の祭典」を目的にいきましたが、そういえば5管編成と大きな編成での演奏を聴くのは本当に久しぶり。プログラムで知りましたが、ストラヴィンスキーは生誕140年だったとか。録音もたくさん残っていますし、そんなに時間が経っていたとは思いませんでした。

 10年くらい前にも「春の祭典」を聴いていたので、今回は2回目。吹奏楽器を始めたからか、単純に演奏の違いからか、色々な楽器の音が分離してスッキリと聞こえてきましたし、野生味あふれる感じでしたが破綻はせず、音の変化を楽しむことができました。特殊楽器も多いですし、普段あまり聴かない楽器の音を楽しんでいると、いつの間にか最後の踊りまで進んでいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。