脱力

 113回目のフルートレッスンを受けてきました。メイン楽器のMIYAZAWA「AZ coSmo-RH」も購入から2年が過ぎ、購入元でメンテナンスしてもらっているので、久しぶりにサブ楽器のNikkan「YFL-211S」を使用してレッスンを受けています。楽器は破れているタンポが有ったらしく、ちょっと時間がかかる様です。なるべくタンポに優しく演奏できるよう、これまでよりフィンガリングに気をつけながら、脱力して練習しています。

 できるだけ脱力して練習していたのが良い効果を発揮したのか、これまでドライブのかからなかったPaul Hindemith「Flute Sonata」3楽章の最後のパートに、少しですが推進力が生まれてきた様です。タンポのためだけでなく、曲のためにも脱力しての練習を継続していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo

本州の端っこ在住。 長閑な非都市部でフルート、ピアノ、作曲を勉強中。競技でパワーリフティングにも取り組んでいます。色々としているおかげで、常に新しい課題だらけ。飽きる暇もなく、楽しめています。