脱力

 113回目のフルートレッスンを受けてきました。メイン楽器のMIYAZAWA「AZ coSmo-RH」も購入から2年が過ぎ、購入元でメンテナンスしてもらっているので、久しぶりにサブ楽器のNikkan「YFL-211S」を使用してレッスンを受けています。楽器は破れているタンポが有ったらしく、ちょっと時間がかかる様です。なるべくタンポに優しく演奏できるよう、これまでよりフィンガリングに気をつけながら、脱力して練習しています。

 できるだけ脱力して練習していたのが良い効果を発揮したのか、これまでドライブのかからなかったPaul Hindemith「Flute Sonata」3楽章の最後のパートに、少しですが推進力が生まれてきた様です。タンポのためだけでなく、曲のためにも脱力しての練習を継続していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。