譜読み間に合わず

 19回目のピアノレッスンを受けてきました。月に2回のレッスンなので、この回数でも習い始めて10ヶ月が経過しています。小さな頃からずっと鍵盤に触れるだけは触れてきたので、急激に上達することはないと分かってはいますが、せっかく練習しているので、もう少し楽に上達していければ嬉しいというのが本当のところ。

 「ツェルニー30番」の13曲目は譜読みが間に合わずグダグダに。左手・右手でニュアンスも変わってきますし、動きが増えてくると脳が対応できなくなってきます。次回までにしっかりと1フレーズずつ譜読みしていきます。ショパン「ノクターン第20番 cis-moll」も相変わらず少しずつしか進歩しません。今できることは練習時間を増やすという事だけかなと思うので、細かな空き時間を見つけて、できる限り鍵盤に触れる機会を増やしていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。