ケンビとゲンビの作品を並べたら、美術についての疑問が解ける(かも)展

 広島県立美術館で開催されている「ケンビとゲンビの作品を並べたら、美術についての疑問が解ける(かも)展」を見に行きました。広島市現代美術館が休館している間に所蔵作品を集めて比較するという特殊な所蔵作品展で、普段の常設展示よりも来場者が多く、注目されていることが分かります。

 両美術館が対話しているような形での説明がされているのですが、表面的な掲示が多く、もう少し詳しくかいてくれれば良いのにと思いました。また、作品も1900年代後半からのものがほとんどで、もう少し色々な年代の作品でひかすされていれば良かったのにとも感じました。広島現代美術館の開館までもう少しなので、そちらでも同じような企画をしてもらえればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar photo

本州の端っこ在住。 長閑な非都市部でフルート、ピアノ、作曲を勉強中。競技でパワーリフティングにも取り組んでいます。色々としているおかげで、常に新しい課題だらけ。飽きる暇もなく、楽しめています。