交差

 64回目のピアノレッスンを受けてきました。「ツェルニー30番」の27曲目は手が交差することに翻弄されて、なかなかきちんと音を出すことができません。必要な音が明確に示してあるので、そこをできるだけ強調してはいるのですが、ある程度覚えていかないとテンポも上がりそうにありません。

 C.Debussy「Rêverie(夢)」は中間部の確認。曲調がコロコロ変わるので、なかなかに演奏の質を上げるところまでいかず、とりあえずスムーズに演奏できるというところを目指していく期間が長いです。曲の中で何を実現したいのかは理解していても、それが実現できないのはもどかしいく感じます。もっと譜読みを早くできるようにしなければなりませんが、どうすれば早くなるのか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター画像

本州の端っこ在住。 長閑な非都市部でフルート、ピアノ、作曲を勉強中。競技でパワーリフティングにも取り組んでいます。色々としているおかげで、常に新しい課題だらけ。飽きる暇もなく、楽しめています。