道具準備

 日曜日に有る「ヒロシマデュアスロン2012」に持って行く物を用意しました。スイムが無いのでトライアスロン程は荷物が多く有りませんが、それでもそれなりの量になりました。
 「本番」という言葉はすんなり使えるのですが「試合」という言葉はどうも出てきません。意識して試合に出るのは初めてなので仕方有りませんが、気楽に「試合」という言葉が出てくる様になりたいものです。今週に入った辺りから既に緊張し始めているようです。
 先ずは絶対に必要なウェアから。これが無いと走れないので、予備も一組持って行きます。上は半袖ジャージにアームカバー+サイクルキャップ、下はロングタイツに靴下です。朝は寒いかもしれませんが、ゴールは正午頃なのでこれでいこうと思います。

 シューズやヘルメットなども必須。左からヘルメット、アイウェア、グローブ、バイクシューズ、ランニングシューズです。グローブはランの時から装着しておくのか、バイクの時だけ付けるのか未定。アイウェアは初めから最後まで装着しておく予定です。
 レース中は身につけない物も少し有ります。左から参加証明書、コンタクトレンズ(予備)、日焼け止め、トランジットエリアに置いておくボトル、水、アップ用のウインドブレーカ。他にも増えそうですが、一先ず思い付かないので。
 2時間はかかるので、補給が無いと走りきれません。左からスタート30分前に飲むアミノ酸、レース中のジェル、ボトルに入れるCCDドリンクです。
 後はバイクに装着する工具。ツールボトルにパンク対策のチューブ、CO2ボンベ2つ、ボンベアダプター、タイヤブースト、タイヤパッチ。後は4mm,5mmのアーレンキーを入れておきます。必要最低限ですが、これ以上有っても自分では直せないので、これで充分。トラブルがあったり、2回以上パンクしたらDNF確定です。これを書きながらタイヤレバーを入れ忘れていたことに気付いたので、追加しておきました。
 写真の状態のロードバイクから前後ライトや携帯ポンプ等必要ない物を外し、約8.6kg(体重計で測定)の重量になりました。フレームはFOCUS「CAYO(2011)」、ホイールはMAVIC「Aksium Black Clincher Wheelset(2010)」です。後はサイクルコンピュータにSIGMA「BC1909STS HR」、ボトルケージにELITE「Custom Race GLOSSY」を2つ取り付けています。タイヤはMichelin「Pro3 Race」、タイヤ交換後の走行距離は前後とも1000km未満です。レースに出るにしてはなかなか重いですが、これは仕方有りません。まあ走れるでしょう。
 今日は夕方にジムへ行ったのですが、全身をストレッチしてエアロバイクを20分程度漕いだだけ。5本だけダッシュをして刺激を入れましたが、身体は良く動くようです。ジムまでは広島城辺りをウォーキングしていきました、綺麗に紅葉し始めています。

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    籔

    山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。