Third course exploring

 昨日は午後から笠戸島の第3回トレイル調査へ。出発が遅くなってしまい、3時頃から1時間半だけの調査になってしまいましたが、瀬川遊歩道を北側の東風浦から南下してみましたし、新笠戸ドッグ周辺のトレイル入口も見付ける事が出来ました。
 先ずは東風浦から瀬川遊歩道へ。地元の人に話を伺う事が出来たのですが、「先日の台風15号の影響で通れないかも」との事でした。確かには入口はかなり木が被さり、しゃがみ込んで通って行く感じでしたが、一歩中に入ると快適なトレイルが広がっていました。

 ただ、快適なトレイルも400m程度進み、海沿いの道に出るまで。海沿いの日が良く当たる道に出ると、草が伸び、道が全く分かりません。おそらく峠ノ浦方面へ700mはこの草が続くのでしょう。地元の人によると、冬には通れるようになっているので、誰かが刈っているのだろうとの事でした。奥の方には峠ノ浦の砂浜も見えているのですが、ちょっと行けませんでした。
 東風浦から戻っても少し時間が有ったので、白浜周辺のトレイルを少し調査。ここもメインのルート以外は草に覆われていました。それでも「スカイ」の名が付くルートは全て通れるので、夏でも笠戸島の縦走は出来ますね。
 笠戸島からの帰りに「アミノバリューランニングクラブ in 山口」の練習会に参加。光高等学校の陸上競技場で5min./km程度のペースで8kmのペース走でした。1周400mのトラックを20周は精神的に大変、やはりずっと同じ出力で走ると体温も上がって苦しいですね。写真を撮るのも忘れていました。  どうもスバル「レガシィツーリングワゴン」は他の車と比べてエアコンの効きが悪く感じていたので、エアコンの冷媒を「金井石油店 伊豫金店」で交換して貰いました。交換時の走行距離は37,000km、これで冷えてくれると嬉しいのですが。