原因わからず

 「スカイラインクーペ(DBA-CKV36)」のエンジンからポンポンと聞こえる異音の原因を突き止める為に2週間程度入院していたのですが、途中で異音が全く出なくなったらしく、またもや明確な理由は分からず。おそらく可変バルブタイミング機構かクランクシャフトだろうということなのですが、もう少し酷くなるまで待つしかなさそうです。前回は可変バルブタイミング機構かなということだったのですが、原因となりそうな部位が1つ増えて、少しは進んだと考えましょう。

 前回に引き続いてちょっと早いタイミングでしたが、入庫したついでにエンジンオイルとオイルフィルターを交換してもらいました。交換時のODOメータは80,600km。そろそろ花粉症の時期になって来ましたし、外で作業できることも少なくなるだろうと、久しぶりにヘッドライトの黄ばみ取りも実施。前回磨いたのは5月なので、シュアラスター「ヘッドライトクリーナー ゼロリバイブ」はなかなか優秀だったのかもしれません。磨くと汗だくになるので、次回は夏に入るまでには磨いておきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

籔

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。