記譜

 121回目のフルートレッスンを受けてきました。どんどんと新しい曲に変わっていくので、とにかく譜読みに追われています。バロックなので曲自体は単純ですが、音の通りに指を動かすことが至難の業。フルートの技術が全く追いついていない状態でもどかしいです。

 テレマンの3楽章はゆったりした曲調なので、換指を使用しないようにとのことでした。ゆっくりした楽章で換指を使用すると、音色の変化が丸裸になってしまいます。なんとか上げてもらい、最後の4楽章の譜読みに入りました。テンポが上がりますが、なんとか勢いで乗り切りたいところ。
 アルテ2巻の30課は引き続き譜読みをしていかなければ。二分の三拍子という、大きな音符を使用した記譜に慣れていないので、戸惑うところが多く出てきます。バロックでは多いですし、こちらも慣れないといけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

山口県柳井市在住。 トライアスロン、トレイルラン、スキー、旅行、打楽器を楽しんでおり、現在のメインはトライアスロンとトレイルラン。柳井は海も山もあり自然が一杯なので、アウトドアスポーツには最高の環境です。 最近は海外のレースに旅行がてら参加しています。トレイルランもトライアスロンも通常の旅行では行かないような場所を訪れますし、なかなか見られない景色を見ることが出来ています。