加山又造 – 革新をもとめて

 下瀬美術館で開催中の「加山又造 – 革新をもとめて」という展覧会を見に行きました。猫をモチーフにした存在感の曖昧になっている絵が気になっていましたが、実物は猫と背景との境界が、日本画家らしい線の繊細さで曖昧にされ、かえって存在感を強めていました。こういう存在感の示し方をどう表現すれば良いのか、まだ分かりません。

 開館一周年を記念した展覧会とのことで、前回訪れてから1年が経っていたようです。私立の美術館ということで、展示スペースも贅沢な取り方がされており、作品をより魅力的に見せるための工夫が、有効に働いていることを実感しました。やはり余裕を持つということが大切ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター画像

本州の端っこ在住。 長閑な非都市部でフルート、ピアノ、作曲を勉強中。競技でパワーリフティングにも取り組んでいます。色々としているおかげで、常に新しい課題だらけ。飽きる暇もなく、楽しめています。